Neato サポート

お客様の問題解決をお手伝いします。

  Back

Wi-Fi 困ったときの対処方法:ネイトアプリ、ボットバックD7 Connected の接続とペアリング

以下のネイトアプリとサポートされている情報機器が必要です。

ネイトアプリの最新バージョンをインストールするには、ご利用機器対応の以下のストアにアクセスして下さい。

  •  iOS搭載端末 アップルストア
  •  アンドロイド搭載端末:グーグルPlayストア

 

始める前に必要な物:

  • ご自宅用のWi- Fiネットワーク名 (SSID)
  • ご自宅のWi-Fiパスワード
  • 満充電のロボット

 

アプリを起動し支持に従います。

  •  アカウントを作成します
  • e-メールでアカウントを確認
  • お持ちのロボットを追加/接続


 接続又はペアリングの問題が発生した場合は、次の手順をご参照下さい。

ステップ1:Wi-Fiルーターの情報を確認します。

  • ご使用のワイヤレスルーターが4GHzまたは5GHz帯域をサポートしていることを確認してください。
  • Wi-Fiパスワードが正しいかどうか確認します。
  • 隠れたネットワークに接続している場合は、正しいSSIDを持っていて、正しく入力されていることを確認してください(SSID情報では大文字と小文字が区別されます)。

 

ステップ2:Wi-Fiルーターの配置を変える:

  • ルータの配置は重要です。 自宅の中央周辺に設置されていることを確認します。この配置の場合、接続されているその他のデバイスの干渉を抑え、信号を受信しやすいでしょう。
  • ルーターを信号を遮る建材の後ろに置かないでください。ガラス、コンクリート、レンガ、スチールまたは類似建材は一般的に問題があることが知られています。
  • ルータをRFノイズを発する電気機器や家庭電器製品の隣に置かないでください。例としては テレビ、コードレス電話、電子レンジ/オーブン等です。
  • 平屋の場合、できるだけ高い場所にルータ設置を検討してください。これは家の隅々に信号を分散させるためです。
  • 2階建て家屋の場合は、ルーターを1階の天井高さに配置するか2階で低い配置にすると、より良いカバレッジが得られます。
  • 3階建て家屋の場合、2階の中心付近に配置することをご検討下さい。これにより、1階から3階まですべてに信号を均等に分散することを促します。
  •  複数階ある建物や部屋で電波が入りにくい場所は追加のアクセスポイント,中継機を導入する事で改善される可能性があります。

 

ステップ3:接続とペアリング

  • 最初のペアリングが失敗した場合は、ロボットをペアリングモードに戻す必要があります。
  • ペアリング行うには、「右バンパー」と「スタートボタン」を同時に10秒間押し続けます。

WifiTS.png

  • ロボットをオフにしてから「スタートボタン」をもう一度押して、再びオンにします。
  • 再度オンにすると、Wi-Fi LEDがゆっくりと「青色」に点滅し、ロボットがペアリングモードに入ったことを示します。
  • Neatoアプリに戻って参照し、ペアリング処理を繰り返します。
  • ロボットを追加を選択し、表示される手順に従います。

 

ペアリング過程で、Wi-Fi LEDは、ロボットがペアになるまで、次のような動作をします。

 

 wifi_logo.png

LEDの色 意味
ゆっくり青色の点滅 ロボットがペアリングモード
青色の高速点滅 ネイトアプリ/アカウントにペアリング
青色の点灯 ペアリング成功(5行間表示
赤の点灯 ペアリングの失敗(5秒間点灯)

注:ロボットをWi-Fiネットワークに追加することは、ペア設定プロセスの一部です。ネットワークのSSIDまたはパスワードを変更する場合は、再接続して全ての手順を繰り返す必要があります。

この記事は役に立ちましたか?

  Back